北部地域導水事業

(WATER PIPELINE CONSTRUCTION PROJECT IN NORTHERN TUNISIA)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2004年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
80.26億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

国土の半分が乾燥気候条件下にあるチュニジアでは、降雨量、年間利用可能表流水量が同国北部地域の山間部に偏っているため、一定の降雨量があっても、大チュニス圏などの都市部や農業地帯は水不足に陥っていました。同国政府は、1975年に北部水資源開発マスタープランを策定し、北部地域全体の総合的な水資源開発を進めていました。この協力では、マスタープランに沿った水資源開発の一環として、チュニスより北に位置する3区間の導水管の敷設とポンプ施設の拡張を支援しました。これにより、大チュニス圏および周辺地域への良質な上水・灌漑用水の供給の増強を図り、同地域の人口増加と農業生産拡大が期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報