タイ電話網拡充事業(加入者ケーブル2)

(TELEPHONE NETWORK EXPANSION PROJECT (LOCAL CABLE NETWORK))

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1988年11月
事業
有償資金協力
借款契約額
104.21億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

急速な経済発展を遂げるタイでは、国内電話需要が急増していました。しかし、国内の回線容量は圧倒的に不足しており、積滞数(加入待ち)は増加の一途をたどっていました。また、海外企業の進出急増・貿易拡大などで国際電話需要も急増し、電話が掛かりにくい状態が頻発していました。この協力(加入者ケ−ブル2)では、バンコクを中心に加入者ケーブルの拡充を支援しました。これにより、1988年に12.6パーセントだった首都圏の電話普及率は、1998年は54.2パーセントとなるなど、電話需要急増への対応を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報