地方配電網増強事業(5-1)

(POWER DISTRIBUTION REINFORCEMENT PROJECT FIFTH STAGE PHASE 1)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1993年1月
事業
有償資金協力
借款契約額
127.63億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

タイの電力需要は、経済成長に伴い、1980年代後半には年10パーセント以上のペースで拡大しました。また、1990年代初頭には電力の安定供給に関する問題が健在化しつつありました。工業用需要の増大から、電力の安定供給の必要性が強まる一方、配電設備の急激な拡大の結果、停電・電圧降下などの事故が目立つようになり、電力の安定供給を確保できる配電インフラの構築が急務となっていました。日本は、各変電所からの送配電設備の増強・新設を支援し、地方における電力の安定供給の改善させることにより、地域経済の活性化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報