メーモ火力発電所脱硫装置設置事業

FLUE GAS DESULFURIZATION PLANT FOR MAE MOH POWER PLANT 8-11

国名
タイ
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1993年9月
借款契約額
159.24億円

プロジェクト紹介

タイ北部ランパン県にあるメーモ火力発電所は、タイ発電公社の設備容量の約17パーセント(1993年6月時点)、発電量は約26パーセント(1992年)を占める大発電所でしたが、使用燃料に褐炭を使用していることから、硫黄酸化物(SO2)排出量が多く、早急な大気汚染対策が求められていました。この協力では、同発電所の8~11号機に対して、排煙脱硫装置の設置を支援しました。これにより、1998年は45.7~90.0パーセントであった脱硫効率は、事業完成後には97.0~98.1パーセントに改善され、環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

メーモ火力発電所脱硫装置設置事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • メーモ火力発電所 

  • 脱硫装置が設置された8〜11号機 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。