地域開発事業(2)

REGIONAL DEVELOPMENT PROGRAM(2)

国名
タイ
事業
有償資金協力
課題
都市開発・地域開発
借款契約(L/A)調印
1998年9月
借款契約額
36.02億円

プロジェクト紹介

タイにとって観光は最大の外貨収入源であり、特に地方経済に大きな経済効果を及ぼしています。一方、観光客の急増により観光地の環境悪化、観光業の人材不足、遺跡の保全状況の悪化といった問題も顕在化していました。この協力(第2期)では、バンコク圏以外のタイのほぼ全域において、観光基礎インフラの整備、観光地の環境保全、人材育成を行う自然研究センターの建設を支援しました。これにより実施前の1997年と2006年では、外国観光客は660万人増、観光収入は倍増し、観光と環境の調和のとれた観光開発の持続的発展に寄与しました。

協力地域地図

地域開発事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業による観光基盤整備事業。アユタヤの歴史公園。 

  • 本事業による環境保全事業。ハドワナコン海洋公園の焼却施設。 

  • 本事業によって整備されたカオヤイの自然研究センター(エコツーリズム・センター) 

  • 産業村でのワークショップ。日本の道の駅関係者との意見交換。(2003年) 

関連情報