アムブハラ灌漑施設改修事業

(Amu-Bukhara Irrigation System Rehabilitation Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウズベキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2015年1月
事業
有償資金協力
借款契約額
118.72億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ウズベキスタンの農地は大半が乾燥地で、多くが近隣の河川の水を利用したポンプ灌漑に依存しています。ポンプ灌漑施設の多くは、旧ソ連時代に建設され、本来の耐用年数(20年程度)を大幅に超え、漏水や故障が頻発し、農業生産量への深刻な影響が懸念されます。また、老朽化した灌漑ポンプ施設は全国の総電力消費量の約2割を占めるほどの電力を消費しています。この協力では、国際的な取り決めにより同国に認められているアムダリア川の取水量の4割以上を使用するアムブハラ灌漑管区において、幹線水路上の既存2ポンプ場の改修を支援します。これにより、農業用水の安定的な供給および改修施設の消費電力量の低減を実現し、農業生産性およびエネルギー効率の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報