職業高等学校拡充事業

SENIOR SECONDARY EDUCATION PROJECT

終了案件

国名
ウズベキスタン
事業
有償資金協力
課題
教育
借款契約(L/A)調印
2001年1月
借款契約額
63.47億円

プロジェクト紹介

ウズベキスタンでは、1992年の独立以前には、高度な産業基盤とそれを支える人材が存在していませんでした。また2000年当時、全人口の約半数を20歳未満が占めており、市場経済への移行を進めていくためには、若年層の育成が重要でした。特に若年層の大部分が進学する職業高等学校の整備は、教育セクターにおける最重要課題の一つでした。日本は、教育改革の柱である職業高等学校のうち、モデル校の農業学校50校に対し、教職員の研修、教育用の機器を供与し、社会・経済体制の移行に必要な人材の育成に寄与しました。

協力地域地図

職業高等学校拡充事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ブハラ郊外のKagan農業高等学校 

  • サマルカンド農業高校。 

  • サマルカンド農業高校の農業機械実習室。 

  • サマルカンド農業高校の授業風景。 

  • 教室 

  • トラクターの列 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。