衛星情報の活用による災害・気候変動対策事業(1)

(Pjt for Disaster & CC Countermeasures Using EOS(1))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ベトナム [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2011年11月
事業
有償資金協力
借款契約額
72.27億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

台風や豪雨による風水害が頻発するベトナム。災害被害の軽減・予防対策は喫緊の課題です。しかし、同国では観測衛星を保有していないため、他国衛星から観測データを購入していましたが、画像入手に時間とコストを要し、十分に活用できていません。日本は、地球観測衛星の開発・利用に必要な関連施設の整備などを支援します。これにより、災害・気候変動対策技術の高度化を図り、同国の社会・生活面の向上に寄与します。なお、本協力では本邦技術活用条件(STEP)を適用し、日本の技術を生かして、同国の衛星関連技術の高度化を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報