タイビン火力発電所及び送電線建設事業(4)

Thai Binh Power Plant and Transmission Lines Project (4)

実施中案件

国名
ベトナム
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2016年5月
借款契約額
549.82億円

プロジェクト紹介

ベトナムは、経済成長に伴い電力需要も引き続き増加しており、今後も需要の増加が見込まれています。これを受けて、「第7次国家電力マスタープラン」では、増え続ける電力需要に対応するため、2011年から2020年にかけて計約50,000メガワットの新規電源開発が計画されています。しかし、電源開発投資計画の多くは資金不足のため遅延しており、電力需給バランスを一層逼迫しています。この協力(第4期)では、引き続きタイビン省のタイビン火力発電所センター内に同地域産出の石炭を燃料とする火力発電所(300メガワット2基)の建設と、周辺地域の送電線および関連施設の整備を支援します。これにより、首都ハノイを含む発展著しい北部地域への電力の安定した供給に寄与します。

協力地域地図

タイビン火力発電所及び送電線建設事業(4)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 発電所の工事現場:隣接する土地に建設中の別の発電所と併せて、1,800メガワットの出力を備えた発電所群を形成する計画。 

  • 発電所の工事現場:建屋部分の基礎工事が進められている。 

  • 発電所の工事現場:奥に見えるのは、燃料となる石炭を確保するための港湾施設。 

関連情報