マショナランド・マニカランド州通信施設整備事業(2)

(MASHONALAND MANICALAND DEGITALIZATION PROJECT(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ジンバブエ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1996年7月
事業
有償資金協力
借款契約額
114.51億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

ジンバブエの既存の通信施設は、需要に対して通信設備の整備が追いつかない状態にあり、日常的に電話がつながりにくい状態でした。日本は、円借款事業(第1期)により通信設備の整備を行いましたが、その後も老朽化した通信施設などが電話需要に対応できない状況が継続することが見込まれ、それが企業活動のボトルネックとなり、通常の市民生活にも支障を来たすことが懸念されていました。そのため、この協力(第2期)では、マショナランド州において、交換機や局舎など電気通信設備の増設を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子