ゴマ生産支援プロジェクト

ブ国では、ゴマは農村部において伝統的に栽培されてきた。耐旱性が比較的強く、土地がやせていても育つことから多くの農家で栽培されている。粗放栽培が主であるため、現状では自家採種した種子を利用している。一般的に、国内におけるゴマの需要は少なく、家庭ではソースの材料として利用する程度である。加工分野においても、零細な規模でのゴマを使ったビスケットや搾油程度で、国内市場で取引される量もわずかである。このため、2000年代前半までのゴマの国内総生産量は、10千/年から20千トン/年程度で推移していた。しかし、近年ブ国からの主要輸出産品である綿花の国際価格が下降を続けており、換金作物としての価値が相対的に低…

更新情報

2月18日
ニューズレター」 を更新しました。
8月2日
ニューズレター」 を更新しました。
7月4日
ニューズレター」 を更新しました。
1月5日
ニューズレター」 を更新しました。
9月12日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
ブルキナファソ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2013年12月19日
協力期間:
2014年10月8日から2019年10月7日
相手国機関名:
農業・食糧安全保障省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。