ポンペイ州タカティック漁港整備計画(2/2)

(The Project for Improvement of Takatik Fishing Port in Pohnpei State)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミクロネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2000年6月
事業
無償資金協力
供与額
4.59億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

ミクロネシアは、約290万平方キロメートルにおよぶ経済水域を有しており、水産業は国を支える産業のひとつとなっています。なかでもポンペイ州のタカティック港は、入港船隻数の9割がマグロ漁船で、商業漁業の開発に重要な港ですが、岸壁が非常に短いため混雑し、漁獲物の水揚げの作業効率が悪い状態となっていました。この協力(第2期)では、漁港拡張および漁業施設の建設を支援しました。これにより、年間のべ800隻のマグロ延縄漁船の水揚作業などの効率化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報