ポンペイ州タカティック漁港整備計画(2/2)

The Project for Improvement of Takatik Fishing Port in Pohnpei State

終了案件

国名
ミクロネシア連邦
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水産
交換公文(E/N)署名
2000年6月
供与額
4.59億円

プロジェクト紹介

ミクロネシア連邦は、約290万平方キロメートルにおよぶ経済水域を有しており、水産業は国を支える産業のひとつとなっています。なかでもポンペイ州のタカティック港は、入港船隻数の9割がマグロ漁船で、商業漁業の開発に重要な港ですが、岸壁が非常に短いため混雑し、漁獲物の水揚げの作業効率が悪い状態となっていました。この協力(第2期)では、漁港拡張および漁業施設の建設を支援しました。これにより、年間のべ800隻のマグロ延縄漁船の水揚作業などの効率化に寄与しました。

協力地域地図

ポンペイ州タカティック漁港整備計画(2/2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 荷捌き場 

  • 岸壁(南側から撮影) 

  • 左手前から駐車場 倉庫管理事務所 トイレ 海洋監視船事務所(北側から撮影) 

  • 倉庫、事務所棟および岸壁(北側から撮影) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。