ポンペイ州タカティック漁港整備計画(1/2)

(The Project for Improvement of Takatik Fishing Port in Pohnpei State)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミクロネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2000年1月
事業
無償資金協力
供与額
7.46億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

ミクロネシアは、4州からなる連邦国家で、約290万平方キロメートルにおよぶ極めて広い経済水域を有しています。連邦政府は経済的自立達成のため、水産業を同国において最も優先順位の高い産業と位置付けていますが、商業漁業の開発にとって重要なポンペイ州のタカティック港(漁港と商港が共存)は、岸壁が非常に短いため、混雑し、接岸している漁船に幾重にも数珠つなぎのように横付けや、港内の泊地に沖がかりするなどしており、慢性的な停泊地の不足により漁獲物の水揚げの作業効率が悪い状態となっていました。この協力では、漁港拡張と漁業施設の建設を支援しました。これにより、港内の混雑緩和と安全性の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報