国立障害者職業リハビリテーションセンター

The Project for the National Vocational Rehabilitation Center for Disabled People

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
1997年12月〜2002年12月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、急速な経済成長に比べ、社会福祉・保健医療などの社会インフラ整備は遅れており、障害者のためのリハビリテーション体制も未整備で、同国の人口の10パーセントを占める障害者の社会的地位は低いままとなっていました。これまで、日本は、無償資金協力により国立障害者職業リハビリテーションセンターの建設などの支援を行ってきましたが、この協力では、同センターにおける職業リハビリテーションシステムを確立するための運営管理体制の確立や人材育成などを支援しました。これにより、同国における障害者就業リハビリテーションシステムの確立、ひいては障害者の就業の促進に寄与しました。

協力地域地図

国立障害者職業リハビリテーションセンターの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • PCMワークショップの模様 

  • カウンターパートヒアリング 

  • 協議の模様 

  • 合同評価委員会参加者 

  • 職業訓練状況(金属加工) 

  • ミニッツ署名・交換 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。