中央乾燥地植林計画(第1期)

(The Project for Afforestation in Central Dry Zone)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年9月
事業
無償資金協力
供与額
4.80億円
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

ミャンマー中央乾燥地には全人口の約3分の1が居住しており、人口増加に伴い薪炭材が過度に伐採されたため、森林減少が急激に進行していました。また、同地域は平均降雨量が少なく、自然に緑が回復することは見込めないため、2,000ヘクタールの植林計画を進めていました。この協力(第1期)では、保護林や薪炭林などの植林と、植林事務所の建設、給水施設の建設を支援しました。これにより、対象地域の土砂流出量が減少し、地域の環境保全に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報