中央乾燥地植林計画(第3期)

The Project for the Afforestation in the Dry Zone

国名
ミャンマー
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
自然環境保全
交換公文(E/N)署名
2005年6月
供与額
2.93億円

プロジェクト紹介

ミャンマー中央乾燥地には全人口の約3分の1が居住しており、人口増加に伴い薪炭材が過度に伐採されたため、森林減少が急激に進行しています。また、同地域は平均降雨量が少なく、自然に緑が回復することは見込めないため、2,000ヘクタールの植林計画を進めていました。今回の協力(第3期)では、保護林や薪炭林などの植林と、作業用仮設道路の補修を支援しました。これにより、対象地域の土砂流出量が減少し、地域の環境保全に貢献しました。

協力地域地図

中央乾燥地植林計画(第3期)の協力地域の地図

協力現場の写真

  • プロジェクトで植林された共有林 

  • プロジェクトで植林された保護林 

  • JICAのプロジェクトで植林された場所を示す看板 

  • 植林用機材として供与したバックホー。今でも活用されている。 

  • 植林用機材として供与したブルドーザーでため池を掘っている様子 

  • 植林用機材として供与してブルドーザーで掘られたため池の水を汲む村の子供たち 

  • 植林地の運営管理に必要な給水施設として建設された高架水槽を使用する村人 

  • 2011年に立てられた環境教育用の看板。「生態系の保全のために森林を管理しましょう」と書かれている。 

関連情報