第二次初等教育施設整備計画(第1期)

The Project for Improvement of Primary Education Facilities (Phase 2)

国名
モンゴル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2002年6月
供与額
9.02億円

プロジェクト紹介

モンゴルでは、1990年の市場経済化以降、都市部への人口流入が著しく、初等教育施設の不足が深刻化していました。さらに初等学校への入学年齢を、8歳から国際的な標準である6歳まで段階的に引き下げる計画をしていたため、学習環境の悪化が懸念されました。日本は、この協力(第二次第1期)で、首都ウランバートルに次ぐ都市・エルデネット市において、計4校の初等教育施設を建設するとともに、椅子や机等の教育器材の調達を支援しました。これにより教室不足の軽減と、教育環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

第二次初等教育施設整備計画(第1期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:教室の様子 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:授業外の実習中 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:教室を区切って図書室と学習マネージャーの部屋を作った様子 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:教室内の様子 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:学校全景 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:学校玄関 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:学校玄関 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:教員室を区切って保健室を作っている状況 

  • 「第2次初等教育施設整備計画」によって整備された学校:竣工式の様子 

関連情報