ジョシナ・マシェル病院整備計画(2/2期)

(The Project for Improvement of Josina Machel Hospital)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年5月
事業
無償資金協力
供与額
28.47億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

アンゴラの保健医療事情は劣悪な状況にあり、マラリアなど伝染性疾患による死亡率が高くなっていましたが、十分に対応できる施設がありませんでした。ジョシナ・マシェル病院はアンゴラ最大の総合病院ですが、施設、設備の老朽化、衛生施設の整備不良のため、十分な医療サービスを行えない状況でした。日本は、この協力(第2期)により、ジョシナ・マシェル病院の内科系病棟等の改修、中央診療部門や外来棟等の建設、手術台や麻酔器、内視鏡等の医療機材の整備を支援しました。この協力で、同病院の機能が改善されることにより、アンゴラの医療サービスの向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報