感染症対策計画

The Project for Infectious Diseases Control

国名
ザンビア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2003年9月
供与額
5.1億円

プロジェクト紹介

ザンビアでは、HIV/AIDSや結核以外に、マラリアや急性呼吸器感染症、下痢症なども広く蔓延しているため、感染症患者が増加していました。同国政府は、これら疾病への対応のため、地域のヘルスセンターに必須医薬品・衛生用品などのヘルスセンターキットを配布しようとしましたが、財政事情の悪化のため行えませんでした。この協力では、抗結核薬、結核検査のための試薬とヘルスセンターキットの調達を支援しました。これにより、結核感染の疑いのある対象者の早期発見、早期治療が図られ、結核患者の減少、罹患率の低下に寄与しました。

協力地域地図

感染症対策計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 供与を行った、ヘルスセンターキット外箱の外観。このなかに、ヘルスセンターでの診療に必要な錠剤、注射剤、ガーゼ、脱脂綿、手袋、注射器、患者台帳などがセットになって詰められている。 

  • 日本側でこの中央倉庫へのヘルスセンターキットの納入までを行い、すでにザンビアにおいて確立されている医薬品配布ルートを使用して、ザンビア側において中央倉庫から郡保健局および医療機関への配布を行った。 

  • 中央倉庫に納品されたヘルスセンターキット。 

  • 全国のヘルスセンターを対象に、ヘルスセンターキットの供与を行った。写真は、都市部のヘルスセンターで、実際に診療が行われる様子。 

  • 全国のヘルスセンターを対象に、ヘルスセンターキットの供与を行った。写真は、地方部のヘルスセンターにて、診療を待つ患者さんの様子。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ