土地改良・灌漑機材整備計画

(The Project for Improvement of Equipment for Amelioration and Irrigation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アゼルバイジャン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年3月
事業
無償資金協力
供与額
6.24億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

肥沃な土地と変化の多い気候に恵まれたアゼルバイジャン。古くから農業が盛んですが、農産物の90パーセントは主に旧ソ連時代に開拓された灌漑地域で生産されているため、用排水路の適切な維持管理が重要です。しかし、財政状況が厳しく、老朽化した機材の更新が困難なため、水路の維持管理作業に支障を来たし、農産物の生産に厳しい影響を与えました。この協力では、主要農業生産地域に灌漑整備に必要となる機材の供与を支援しました。これにより、灌漑用水路や排水路に対する維持管理が適切に実施されるようになり、対象地域の農業生産の回復に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報