主要幹線道路橋梁改修計画(第1期)

(The Project for Rehabilitation of Bridges along the Main Trunk Roads)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年11月
事業
無償資金協力
供与額
1.52億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

カンボジアでは、1970〜1980年代の内戦による破壊や洪水被害などのため、首都プノンペンと地方都市を結ぶ幹線国道が大規模に損壊しており、道路と橋梁の改修は国の重点政策となっていました。この協力(第1期)では、国道6A号線の起点にあるチュルイ・チョンバー橋の補修工事を支援しました。この橋は1960年代に日本の経済協力で架橋され、現地では日本橋(スピアン・チャポン)として親しまれています。今回の協力により橋の耐用年数が約5年から20年に伸びるとともに、安全かつ円滑で安定的な交通、流通の確保に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報