第三次一次医療施設医療機材整備計画(第2期)

The Project for Improvement of Medical Equipment in Primary Health Care Institutions (Phase 3)

国名
ボスニア・ヘルツェゴビナ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2005年12月
供与額
6.08億円

プロジェクト紹介

ボスニア・ヘルツェゴビナの一次医療サービスは、各行政区単位のドム・ズドラヴリャ(DZ)と呼ばれる医療施設が担っていますが、1992年の紛争の被害や老朽化した機材により、機能不全に陥っていました。過去2回の日本の無償資金協力による医療機材の供与を通じて、DZの機能回復を図っており、この協力(第1期)では、さらに33サイトに対して医療機材の整備を支援しました。これによりDZでの診断機能が向上し、対象施設では訪問患者数、放射線診断件数、超音波検査件数が順調に増加し、同国の医療体制の再構築に貢献しました。

協力地域地図

第三次一次医療施設医療機材整備計画(第2期)の協力地域の地図

協力現場の写真

  • 本協力で供与された医療機材(X線検査機材) 

  • 本協力で供与された医療機材(X線検査機材) 

  • 本協力で供与された医療機材(X線検査機材) 

  • 本協力で改修されたX線検査室(窓の開口・防護扉の改修) 

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦キセリャックの一次医療施設外観 

関連情報