東部幹線道路建設及び道路建設機材整備計画(第2期)

The Project for Construction of the Eastern Arterial Road and Improvement of the Related Equipments

終了案件

国名
モンゴル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2006年5月
供与額
24.00億円

プロジェクト紹介

モンゴルでは、南北方向には鉄道が整備されている一方で、東西方向の輸送は道路交通に依存しています。しかし、道路の整備状況は劣悪で、円滑で安全な人・物の移動が阻害されていました。同国政府は、東部の全長約260キロメートルの道路整備に着手し、この協力(第2期)では、技術的・資金的にモンゴル独自での実施が困難な区間の道路および橋梁の整備と道路維持管理用機材の整備を支援しました。これにより、東西方向の円滑な交通の実現に寄与しました。また、学校・病院などへのアクセスが改善され、対象地域住民の生活レベルの向上を図りました。

協力地域地図

東部幹線道路建設及び道路建設機材整備計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力により整備された道路 

  • この協力により整備された道路 

  • この協力により建設されたフッサーナリン橋 

  • この協力により建設されたヘルレン橋 

  • この協力により供与された機材(クラッシャープラント) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ