アジア太平洋障害者センタープロジェクトフェーズ1

(Asia-Pacific Development Center on Disability)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2002年8月〜2007年7月
事業
技術協力
課題
社会保障

プロジェクトの紹介

アジア太平洋地域には、およそ3億人の障害者がおり、その多くは教育や就労など社会参加の機会も乏しく、必要な福祉サービスを受けられない状況でした。この協力(フェーズ1)では、アジア太平洋地域の開発途上国において、障害者のエンパワーメントとバリアフリー社会を促進する地域センターとして、無償資金協力による同施設の建設とともに、アジア太平洋障害者センターの設立にかかる運営管理体制の確立と障害者支援に関わる人材育成などを支援しました。これにより、同地域で障害者のエンパワーメントとバリアフリー社会の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報