森林戦略実施促進プロジェクト

FS 2020 Implementation Promotion Project

終了案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2006年4月〜2010年9月

プロジェクト紹介

ラオスでは、政府による「国家成長・貧困撲滅戦略」(2004年)が策定される一方、経済成長及び人口増加による森林減少が進行していました。その状況のもと、森林セクターは経済社会環境面で極めて重要な役割を果たしていることから、同国政府は森林セクターの長期的な開発目標、政策及び重要な活動項目を明確にする「森林戦略2020」の策定を計画していました。しかし、森林戦略実施事務局は、森林セクターの5カ年計画の策定、同計画実施のモニタリング、「国家植林開発計画」を含む政策関連活動の実施についての十分な能力を有しておらず、同局における、セクター管理及び政策分析・策定に係る能力向上も不可欠でした。本協力は、「森林戦略2020」の初期5カ年の実施に関して、実施計画の策定及びモニタリング、関係機関との対話、重要政策関連活動項目に関する制度の提言を通じて、森林セクターの計画・管理能力の強化を図り、同国における持続的かつ生産的な森林利用の促進に寄与しました。

協力地域地図

森林戦略実施促進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 森林調査の様子 

  • 森林サブセクターワーキンググループの様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。