森林セクター能力強化プロジェクト

Forestry Sector Capacity Development Project

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2010年10月〜2014年9月

プロジェクト紹介

1960年代、ラオス国内の森林率は70パーセントでしたが、2002年には41.5パーセントまで低下しました。同国政府は、森林の回復および貧困削減への森林セクターの貢献を目標として「森林戦略2020」を採択、森林率を70パーセントまで回復することを目指しています。この協力では、森林戦略2020や気候変動戦略(REDD+)の実施を促進することを通じて、ラオス林野局の森林セクター管理能力の向上を支援しました。

協力地域地図

森林セクター能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ルアンパバン県の森林。赤味がかったパッチ状の部分が近年の焼畑跡。非持続的な焼畑や木材生産、水力発電用のダム建設、鉱山開発などのために、森林率が低下している。 

  • 焼畑のために火入れが行われた森林(ルアンパバン県)。 

  • カウンターパートと共に年間実施計画の進捗を確認するために開催されたプロジェクト運営委員会。 

  • 林業局関係職員および県林業関係職員の行政能力向上を目指し、PCM手法(注)を活用した事業形成のための参加型研修を実施した。(注)PCM手法とは、開発プロジェクトの計画・立案、実施・モニタリング、評価のために、日本の開発援助分野で用いられている手法。 

  • 天然資源環境省を他ドナーと共に支援し、森林法改正に関して関係各省の意見を聴取するための会議を開催した。 

  • 森林法で設立が定められている村落林管理ユニットを、サラワン県の40村において試験的に設立。運営ガイドラインの改良のために、ガイドラインに基づいて行われた活動を振り返るワークショップを開催した。 

  • 農民が所有するチーク林の経営モデル確立に向けた、ルアンパバン県農林事務所による活動を支援している。チーク材の加工・流通に関するスタディーツアーを農民のために実施した。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。