子どもの発達を支援する指導法改善プロジェクト

Teaching Methods Improvement Project towards Children's Development

終了案件

国名
モンゴル
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2006年5月〜2009年7月

プロジェクト紹介

モンゴルでは、従来から暗記中心の教授法により授業が行われているという課題を抱えてきました。また、教育行政能力の不足、教員の質の低下、教育インフラの未整備、高等・専門教育の未発達、地方における就学率の低下など様々な問題が生じていました。同国政府は、2005年9月に新教育スタンダードを制定し、「子どもの発達を支援する指導法」に転換しました。この協力では、新教育スタンダードに対応した教員向け指導書と指導書作成マニュアルなどの開発を支援しました。これにより、モデル県における「子どもの発達を支援する指導法」の普及に寄与しました。

協力地域地図

子どもの発達を支援する指導法改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • セレンゲ県のモデル校での授業の様子 

  • ドルノド県のモデル校の図書館内にある指導書 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。