子どもの発達を支援する指導法改善プロジェクトフェーズ2

Project for Strengthening Systems for Improving and Disseminating Child-Centered Teaching Methods

終了案件

国名
モンゴル
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2010年3月〜2013年8月

プロジェクト紹介

モンゴルでは、従来から暗記中心の教授法により授業が行われているという課題を抱えてきました。同国政府は、2005年9月に新教育スタンダードを制定し、子どもの発達を支援する指導法に転換しました。日本は、「子どもの発達を支援する指導法改善プロジェクト」(2006〜2009年)を実施し、新教育スタンダードに対応した教員向け指導書と指導書作成マニュアルなどを開発しました。この協力では、指導主事、学校管理職員、教員の代表者などの能力強化を通じて、現職教員に対して新指導法を普及する体制の強化を支援しました。

事業評価

協力現場の写真

  • 第67番学校での授業研究 

  • ブルガン県教育局でのインタビュー 

  • ブルガン県セレンゲソム校での授業 

  • ミニッツ署名式 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。