マラリア対策強化プロジェクト

Malaria Control Strengthening Project

終了案件

国名
ソロモン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2007年1月〜2010年1月

プロジェクト紹介

ソロモンでは、1998年後半に勃発した民族紛争以降マラリアの罹患件数が上昇傾向にあるため、「国家保健開発計画」においてマラリアの早期診断と早期かつ適正な治療などをうたい、その対策に積極的に取り組んできました。この協力では、ガダルカナル州とホニアラ市において、マラリア対策に従事する医療従事者の能力の向上やマラリア情報システムの有効活用などを支援しました。これにより、同国の効果的なマラリアの疾病管理体制の確立に寄与しました。

協力地域地図

マラリア対策強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Marara ANC 

  • Marara ANCの顕微鏡資材 

  • Tambokoコミュニティーにて集団血液検査 

  • 集団血液検査にて集められた血液標本 

  • コミュニティーでのマラリア予防活動 

  • ミニッツ署名(団長と保健省次官) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。