マラリア対策システム強化プロジェクト フェーズ2

Project for Strengthening of Malaria Control System Phase 2

終了案件

国名
ソロモン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2011年2月〜2014年2月

プロジェクト紹介

ソロモン諸島ではマラリア罹患率が依然として高く、特に1998年の紛争の舞台となったガダルカナル州などでマラリア対策の充実が求められていました。日本はフェーズ1でマラリアのサーベイランス体制の構築、適切な疾病管理の支援を行いました。この協力(フェーズ2)では保健医療サービス省、ガダルカナル州、ホニアラ市、マライタ州を対象に、フェーズ1で構築されたコミュニティを中心としたマラリア対策システムの強化を支援しました。これにより、同国のマラリア罹患率の低減に寄与しました。

協力地域地図

マラリア対策システム強化プロジェクト フェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 第2回プロジェクト合同調整委員会 

  • プロジェクト対象州(ガダルカナル州)の村落住民からの聞き取り調査 

  • プロジェクト対象州(ガダルカナル州)の村落視察 

  • マラリア行動計画(2008〜2014年)の運営管理マネジメント研修 

  • マラリア行動計画(2008〜2014年)の運営管理マネジメント研修 

  • マラリア情報システムの運営状況に関するベースライン調査の結果報告 

  • マラリア情報システムの運営状況に関するベースライン調査の結果報告 

  • マラリア対策を含むコミュニティ活動モデル「ヘルシービレッジ」のガイドライン・ツール作成ワークショップ(グループワーク) 

  • 「ヘルシービレッジ」のガイドライン・ツール作成・活動計画ワークショップ(開会式) 

  • 「ヘルシービレッジ」活動の対象村を管轄する近隣クリニックの看護師や市保健局職員とのコミュニティ活動についての協議 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。