ユカタン半島沿岸湿地保全計画プロジェクト

Coastal Wetland Conservation in Yucatan Peninsula

終了案件

国名
メキシコ
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2003年3月〜2010年2月

プロジェクト紹介

メキシコのユカタン半島は、その独特な沿岸湿地生態系で自然環境保全上重要な場所として世界的に知られています。しかしながら、開発に伴う人為的な湿地生態系の悪化、観光客や地域住民による保護区資源に対する利用圧の増加など環境に悪影響を及ぼす多くの問題を抱えており、人材開発や必要な施設整備を含む湿地生態系の保全体制の強化が緊急に求められていました。この協力では、リア・セレストン生物圏保護区(RBRC)を対象地域とし、RBRC管理事務所のリーダーシップにのもと環境管理活動が適切に実施できるよう支援しました。これにより、RBRCの湿地生態系の保全状況の改善に寄与しました。

協力地域地図

ユカタン半島沿岸湿地保全計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マングローブの修復について説明するカウンターパート。プロジェクトで水路などを建設し、マングローブが再生してきた。 

  • マングローブ林を案内するエコツーリズム・グループ。プロジェクトによる研修でガイド技術を向上させた。 

  • プロジェクトで設置した分別回収用のゴミ箱。従来は戸別回収をしていたが、ゴミ箱を設置しての回収に変更、効率を上げた。環境教育の成果もあって、分別状況は良好。 

  • 小学校との連携によるゴミ収集・分別キャンペーン(セレストゥン市) 

  • 新たな淡水河川によるマングローブ修復 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。