結核対策プロジェクト

Tuberculosis Control Project

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2004年9月〜2009年9月

プロジェクト紹介

アフガニスタン政府は、1950年代から結核対策を国家事業として取り組み、日本も1974年以降、技術協力や無償資金協力で結核の予防・治療活動を支援してきました。しかし長年の戦乱もあって、同国ではいまだ多くの貧困層が結核に苦しんでおり、結核で死亡する者も多いのが状況でした。この協力では、同国全域で質の高い結核予防・治療サービスが行われるよう、組織・制度の整備や治療手法の導入などの支援を行いました。

協力地域地図

結核対策プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立結核センターの入り口:日本のアフガニスタンにおける結核対策分野での協力の歴史は長く、1974年にプロジェクト方式技術協力が開始されました。1979年に無償資金協力で、カブール市のダルラマン地区に結核研究所(現在の国立結核センターの一部)が建設されました。その後、ソ連侵攻により中断されていましたが、2002年の緊急開発調査にて、同施設を復旧・機材調達を行い、2004年に結核対策プロジェクト・フェーズ1が開始されました。 

  • 国立結核センター内で行われた研修の模様:顕微鏡検査の研修(顕微鏡はプロジェクトによる供与機材) 

  • 国立結核センター内で行われた研修の模様:結核菌培養検査の実習を行う検査技師(各種検査機材はプロジェクトによる供与)※結核という病気をこの国から失くすためには喀痰飛沫検査(出した痰の中に結核菌があるか調べる)等を行い、精度の高い検査を行う必要があります。末端の保健施設には大掛かりな検査機材は必要ありませんが、それらの末端保健施設から収集した検体を調べる州や地域の検査施設には色々な機材が必要です。 

  • アフガンのように、首都といえどもインフラ事情の厳しい国では、検査室の機材がきちんと作動するように室内環境(温度設定、電気・排水系統等)を再整備しなくてはなりません。また、実際に機材を購入限られたスペースで動線(作業に伴う動きの流れ)を配慮した設置を検討する等、機材の購入前後にも様々な作業が必要となります。勿論、設置・活用後の機材メンテナンスも重要です。 

  • 緒方理事長による国立結核センター内の視察 中原部長・カカール公衆衛生省副大臣(当時)同行、磯野チーフ・アドバイザー案内(2007年12月) 

  • 診察を待つ人(写真提供:レイモンド ウィルキンソン) 

  • ダルラマンクリニック。息子の診察を辛抱強く待つ父親(写真提供:レイモンド ウィルキンソン) 

  • ダルラマンクリニックの待合室(写真提供:レイモンド ウィルキンソン) 

  • 病院で新しい検査技術を学ぶ実習生(検査技師)(写真提供:レイモンド ウィルキンソン) 

  • 病院で新しい検査技術を学ぶ実習生(検査技師)(写真提供:レイモンド ウィルキンソン) 

関連情報