結核対策プロジェクトフェーズ2

Tuberculosis Control Project in Afghanistan Phase 2

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2009年10月〜2015年9月

プロジェクト紹介

1950年代から結核対策に取り組んできたアフガニスタン。いまだ多くの貧困層が結核に苦しむ同国に対し、日本は2004年から5年間、技術協力プロジェクトによって、中央から末端医療現場までの人材育成と検査能力の向上を支援しました。この協力(フェーズ2)では、フェーズ1の協力成果を基盤として、中央の政策レベルの組織・人員の能力を強化して質の高い結核対策が行われる体制を整備し、また全国で質の高い喀痰塗抹検査・培養検査・薬剤感受性検査を含む結核菌検査が実施されるように引き続き結核対策サービスの質の向上を支援しました。

協力地域地図

結核対策プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 東部地域標準検査室の整備(整備前の検査室):2009年4・5月に行われた終了時評価で、これからの課題として、女性や子ども、帰還難民、貧しい人々等の社会的弱者にアクセスできるコミュニティDOTSの実施や、人口の急激な増加と密集した住環境により感染度の増加した都市における結核対策、喀痰飛沫検査の精度向上等があげられました。これらの課題に取り組むべく、プロジェクトのフェーズ2(5年間)が2009年10月から開始されました。 

  • 整備する検査室の入っているCDC(Communicable Disease Control)センター外観:フェーズ1では、地域標準検査室の整備をカブール、マザリシャリフ(北部・バルフ州)で行いましたが、フェーズ2ではジャララバード(東部・ナンガルハル州)の整備を行います。 

  • 帰還難民居住地風景(ナンガルハル州、タンギ・タウンシップ):フェーズ2の活動の1つに、帰還難民の人々への結核対策があります。パキスタンとの国境付近に位置するナンガルハル州には、パキスタンの難民キャンプから戻ってきた帰還難民の人々が居住するタウンシップが幾つかあります。 

  • タンギ・タウンシップにある診療所の診療風景:難民キャンプで結核に感染した人も少なくないと見られており、ナンガルハル州内のタウンシップやかつて住んでいた村へ戻る前や、州内に落ち着いてからの帰還難民の人々のスクリーニングを行う活動をUNHCRと連携したり、結核という病気に対して人々に正しい知識を広めるヘルスプロモーションの活動も計画されています。 

  • チャダラバード保健ポスト(ナンガルハル州 スルフロッド郡 下スルタン・プール村):右隅はヘルスプロモーションの植木専門家。地域によっては、帰還難民とそうでない人々を分けることなく、コミュニティ全体として、宗教指導者や学校を軸にしてヘルスプロモーションの活動を行います。 

  • 村の風景(下スルタン・プール村) 

  • 村の雑貨屋さんの周りに集まる村人たち(下スルタン・プール村) 

  • 村の雑貨屋さんの周りに集まる村人たち(下スルタン・プール村) 

  • 保健センターの巡回指導:フェーズ1に引き続き、保健施設で適切な結核対策サービスが行われているかをチェックしに、NTPのスタッフが巡回指導に回っています。記録台帳から、適切な患者発見・診断がなされているか等を調べています。 

  • アフガニスタン国家標準検査室における結核菌培養検査。写真は、女性スタッフが新人男性職員に検査手順を指導しているところ。国家標準検査室は、日常検査として結核菌培養検査を行うだけでなく、他の地域標準検査室(現在、東部および西部の2施設)に対して研修や巡回指導を通して技術指導を行っている。結核菌培養検査は、一般に普及している顕微鏡検査と比較して感度、特異性が高いことから、少量排菌例の診断や罹患率調査などに使われている。また、結核菌の生菌が得られることから抗結核薬の効能を調べると共に、多剤耐性結核の診断にも使われている。(写真提供:サイッド ジャン サバウーン) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ