結核対策プロジェクトフェーズ2

Tuberculosis Control Project in Afghanistan Phase 2

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2009年10月〜2015年9月

プロジェクト紹介

1950年代から結核対策に取り組んできたアフガニスタン。いまだ多くの貧困層が結核に苦しむ同国に対し、日本は2004年から5年間、技術協力プロジェクトによって、中央から末端医療現場までの人材育成と検査能力の向上を支援しました。この協力(フェーズ2)では、フェーズ1の協力成果を基盤として、中央の政策レベルの組織・人員の能力を強化して質の高い結核対策が行われる体制を整備し、また全国で質の高い喀痰塗抹検査・培養検査・薬剤感受性検査を含む結核菌検査が実施されるように引き続き結核対策サービスの質の向上を支援しました。

協力地域地図

結核対策プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 東部地域標準検査室の整備(整備前の検査室):2009年4・5月に行われた終了時評価で、これからの課題として、女性や子ども、帰還難民、貧しい人々等の社会的弱者にアクセスできるコミュニティDOTSの実施や、人口の急激な増加と密集した住環境により感染度の増加した都市における結核対策、喀痰飛沫検査の精度向上等があげられました。これらの課題に取り組むべく、プロジェクトのフェーズ2(5年間)が2009年10月から開始されました。 

  • 帰還難民居住地風景(ナンガルハル州、タンギ・タウンシップ):フェーズ2の活動の1つに、帰還難民の人々への結核対策があります。パキスタンとの国境付近に位置するナンガルハル州には、パキスタンの難民キャンプから戻ってきた帰還難民の人々が居住するタウンシップが幾つかあります。 

  • 村の風景(下スルタン・プール村) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。