中等理数科教育強化計画プロジェクト(SMASSE)フェーズ2

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2003年7月〜2008年12月
事業
技術協力
課題
教育、貧困削減

プロジェクトの紹介

2030年までに、産業構造を工業化することを目指すケニア。しかし、学校教育の中でも特に理数科教育の質は低く、工業化を担う人材が順調に育成されているとは言えませんでした。日本は、1998年から同国の中等理数科教育のカギとなる教師の能力向上のため、現職教員研修制度の導入を支援し、研修システムを確立することに大きく貢献しました。同国と同様の問題を抱えるアフリカ諸国へ普及すべく域内連携ネットワーク「SMASSE-WECSA」が設立されました。この協力(フェーズ2)では、SMASSE-WECSAメンバー国の中等教育レベルの理数科教育の強化を図りました。これにより、同国とメンバー国との教育ネットワークの強化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報