アフリカ人造り拠点フェーズ2

Afirican Institute for Capacity Development

終了案件

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2002年8月〜2007年7月

対象国:ウガンダ、タンザニア

プロジェクト紹介

ケニアのアフリカ人造り拠点(AICAD)は、国際的な人材育成を目指し、ジョモ・ケニヤッタ農工大学(JKUAT)のキャンパス内に独立組織として設立されました。ケニア、タンザニア、ウガンダの3ヵ国を対象に、この協力(フェーズ2)では、共同研究開発、研修・普及、情報整備・発信の3機能を中心とする組織体制整備が進められ、AICADが、知識・技術とその実用の間を効果的につなぐための構造的、機能的なしくみを確立するよう支援しました。これにより、AICADが貧困削減に資する人材育成分野において、アフリカにおける指導的機関になることに寄与しました。

協力地域地図

アフリカ人造り拠点フェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 家畜と作物生産の統合研究現場視察(ウガンダ) 

  • 企業家育成研修受講者 店舗(店内)視察(タンザニア) 

  • 研修受講者農場視察(ケニア) 

  • 研究ラボ視察(ケニア) 

  • 普及事業(食品加工)(タンザニア) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。