酸性雨及び黄砂モニタリングネットワーク整備計画

(The Project for the Establishment of the Monitoring Network for Acid Deposition, Dust and Sandstorm)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中華人民共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2006年12月
事業
無償資金協力
供与額
7.93億円
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

中国の各都市は、経済発展に伴い、主に工場や発電所での石炭燃焼から発生する二酸化硫黄(SO2)や、自動車などから放出される窒素酸化物(NOx)などにより、地域の深刻な大気汚染や酸性雨による国境を越えた越境大気汚染問題を引き起こしていました。この協力では、酸性雨モニタリングサイト34地点に大気汚染測定機、降水サンプラーと雨量計、イオンクロマトグラフなどの機材の整備を支援しました。これにより、同国内の大気汚染および酸性雨のモニタリング体制が強化され、汚染の原因解明及び対策検討などに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報