サラカタ川水力発電所改善計画(第1期)

(The Project for Improvement of Sarakata River Hydroelectric Power Station)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バヌアツ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2007年1月
事業
無償資金協力
供与額
5.73億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

バヌアツでは、石油燃料依存からの脱却を重点目標に掲げ、水力発電への移行を柱としたエネルギー計画を策定し、日本は、1994〜1995年に無償資金協力でルガンビル市への電力供給のために、サラカタ川水力発電所の設置を支援しました。しかし、電力需要増加により同発電所の定格容量では最大電力を賄いきれなくなったことから、この協力では電力供給力の増強(第1期は導水路対策工事とアクセスロードの安全対策工事、第2期は水力発電所増設)を支援しました。これにより、同市に安定して電力が供給されるようになりました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報