市民警察活動促進プロジェクトフェーズ2

(The Project on Enhancement of Civilian police activities)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2007年8月〜2012年7月
事業
技術協力
課題
ガバナンス、平和構築

プロジェクトの紹介

インドネシアでは民主化の進展に伴い、2000年に国軍から分離独立した市民警察が治安維持活動を行っています。日本は2002年8月より5年間の協力で、メトロ・ブカシ警察署(前ブカシ警察署) を拠点とし、組織運営(交番活動)、現場鑑識、通信指令といった分野を対象とする人材育成支援「市民警察活動促進プロジェクト」を実施しました。その後続となるこの協力(フェーズ2)では、前フェーズの成果を同国全土に普及させることを目標とし、モデル警察署のブカシ警察署において、「市民警察活動」の強化に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報