地下水開発・水供給訓練計画プロジェクトフェーズ3

(The Ethiopian Water Technology Center Project Phase-3)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2014年1月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

安全な水へのアクセス率が低く、安全な水の供給が大きな課題となっているエチオピア。日本は、1998年から「地下水開発・水供給訓練プロジェクト」(フェーズ1)を実施し、アディスアベバ訓練センター(現在名:エチオピアウォーターテクノロジーセンター(EWTEC))の新設支援を行いました。これに続いて2005年からフェーズ2を実施し、プロジェクト終了時点でのべ約1900名の人材が研修を修了しました。この協力(フェーズ3)では、今後EWTECが多様な研修ニーズに的確に対応するとともに、自立化するための支援を行いました。これにより、同国の地下水管理、水供給管理を行う人材の増加に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報