海上保安教育・人材育成管理システム開発プロジェクト

(Philippine Coast Guard Education and Human Resource Management System Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
フィリピン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年1月〜2013年1月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

フィリピンにおいては、海上輸送は主要な交通手段ですが、天災・人為的災害、密輸その他の不法行為、テロ・海賊行為、および油流出事故などの問題を抱えています。この協力では、フィリピン沿岸警備隊(PCG)において、前プロジェクト(海上保安人材育成プロジェクト)において残された課題でもある教育職システムの構築や、法令励行分野に関する教育訓練プログラムの開発、教育および人材開発管理システムの開発などを支援しました。これにより、PCGの法令励行機関としての能力の向上に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報