女性の貧困削減プロジェクト

(Poverty Reduction for Chronically Poor Women(CPW))

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2013年1月
事業
技術協力
課題
ジェンダーと開発、貧困削減

プロジェクトの紹介

アフガニスタンの女性たちは、長い戦乱とタリバン政権の下、政治的・社会的に厳しく抑圧された生活を余儀なくされてきました。妊産婦死亡率も高く、識字率の男女格差も大きく、強制結婚、幼児婚、家庭内暴力も多く報告されていました。同国政府は、2001年に女性課題省を設置して、女性の権利回復と地位の向上に取り組んでおり、日本は「女性の経済的エンパワーメントプロジェクト(2005〜2008年)」を実施し、この協力では、同省の政策立案と実施能力を向上させる支援を行い、最貧困女性の経済状況の改善に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報