天水稲作持続的開発プロジェクト

(Project for Sustainalbe Development of Rain-fed Lowland Rice Production in the Republic of Ghana)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年7月〜2014年12月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減

プロジェクトの紹介

ガーナでは、コメはメイズに次ぐ第二の穀物で、都市部を中心に消費が急速に拡大していました。一方、国産米の供給は伸び悩んでおり、国内消費量の60〜70パーセントを輸入米に依存していました。同国はコメの輸入に毎年2億ドル以上費やしているため、国産米の生産・流通体制を強化する必要がありました。この協力では、アシャンティ州およびノーザン州の低湿地を対象に、改良技術パッケージと営農支援システムから成る「持続的天水稲作開発モデル」を確立するとともに、同モデルの普及手法を確立し、対象地域における同モデルの普及を促進しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報