理数科教育強化計画プロジェクト

(Strengthening Mathematics and Science Education (SMASE))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2013年12月
事業
技術協力
課題
教育、貧困削減

プロジェクトの紹介

2030年までに、産業構造を工業化することを目指すケニア。しかし、学校教育の中でも特に理数科教育の質は低く、工業化を担う人材が順調に育成されているとは言えませんでした。日本は、1998年から同国の中等理数科教育のカギとなる教師の能力向上のための支援を行ってきました。この協力では、構築、またその有効性が実証された現職教師研修制度を踏まえ、その成果をさらに活用すべく、初等理数科教師を対象とした取り組みを支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報