ムララノクロム総合環境保全・農村開発促進手法開発プロジェクト

(Project of Integrated Approach Development in order to Promote Environment Restoration and Rural Development in Morarano Chrome)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マダガスカル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年2月〜2018年3月
事業
技術協力
課題
自然環境保全、貧困削減

プロジェクトの紹介

マダガスカルの中山間地では森林の減少・荒廃が著しく進んでいます。その要因の一つとしては、土地の登記が進まず、住民が永続的な利用権を保障されないため、焼畑や伐採といった非持続的な土地利用を繰り返していることが挙げられます。この森林減少・劣化の影響により、土壌流出が発生し、下流域の灌漑施設に大きな被害が出ています。この協力では、土地登記体制の整備や、地方行政の人員体制・能力の強化の必要性をふまえ、アロチャ湖南西部中山間地域において、地方行政が農村開発と土壌保全を総合的に促進するためのモデルの構築を支援します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報