ムララノクロム総合環境保全・農村開発促進手法開発プロジェクト

マダガスカルは、日本の約1.6倍の面積がある島国で、国土の約63パーセントは草地、約22パーセントが森林です。2005年から2010年の5年間で2,850平方キロメートル(東京都の約1.3倍に相当する面積)が減少しています。主な原因として、急激な人口増加にともなう農牧地の開拓や焼畑農業、燃料木材等の伐採による影響の拡大が挙げられます。
この森林減少・劣化の結果、マダガスカル各地の山上や山腹には植生被覆の乏しい荒廃地が広大に広がり、土地の水源涵養機能及び土壌保全機能が低下しています。上流域の中山間地域では、下流域に比べて貧困度が高いことが問題になっています。また、上流域からの土砂流出は下…

更新情報

8月8日
仏語版報告書資料」 を更新しました。
8月4日
仏語版報告書資料」 を更新しました。
4月6日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月14日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月4日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
マダガスカル
課題:
自然環境保全
署名日:
2010年10月11日
協力期間:
2012年2月19日から2017年2月18日
相手国機関名:
環境・森林省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。