共同森林管理実施能力向上プロジェクト

(Support for Joint Forest Management in the Kyrgyz Republic)

【写真】プロジェクトの様子

国名
キルギス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2014年1月
事業
技術協力
課題
自然環境保全、農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

キルギスの森林は、旧ソ連時代の非効率な林業経営のため、森林面積は国土の6パーセント(1930年)から3パーセント(1956年)に減少していました。その後の植林政策の推進により、4.3パーセントにまで森林面積が回復したものの、病虫害に弱くなるなど森林の質が低下していました。この協力では、国家森林計画(2005〜2015)の重点施策である「共同森林管理(Joint Forest Management:JFM)」を推進するために、イシククル州とチュイ州において、実践を通じた関係者の能力向上とその体制の整備を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報