野生生物と人間の共生を通じた熱帯林の生物多様性保全プロジェクト

(Conservation of Biodiversity in Tropical Forest through Sustainable Coexistance between Human and Wild Animals)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガボン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年9月〜2015年6月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

広大な熱帯林が広がるアフリカ中央部コンゴ盆地。その中でもガボンは、特に高い森林率を有し、生物多様性が高い地域です。しかし保全の対象となる熱帯林生態系についての、十分な科学的データは収集分析されておらず、適正な保全活動を行うことは困難でした。この協力では、ゴリラをはじめとする霊長類の貴重な生息地であるムカラバ・ドゥドゥ国立公園において、科学的な研究成果に基づいた地域住民によるエコツアーの実施などを通じ、大型霊長類を含む貴重な生物多様性の保全を支援しました。これにより、地域住民たちによる持続的な自然環境保全の実現に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報