農民参加による優良種子増殖普及システム確立計画プロジェクト

Development of Participatory Multiplication and Distribution System for Quality Rice Seeds

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2011年8月〜2017年3月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは主要農産物である米の生産性を向上させるため、1990年代初頭から優良種子の普及に取り組んできました。しかし種子生産農家の技術が未熟なことなどから、一般農家の優良種子利用は進んでいないのが現状がありました。この協力では、国内随一の穀倉地帯エーヤワディ・デルタを対象地域として、農民参加による優良種子の増殖・普及システムの強化を支援することにより、同地域における優良種子生産システムの強化および安定供給に寄与しました。

協力地域地図

農民参加による優良種子増殖普及システム確立計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カウンターパートと種子生産圃場にてディスカッションする短期専門家 

  • カウンターパートらと種子生産圃場にてディスカッションする短期専門家 

  • 優良種子生産展示圃場 

  • 農家に移植を指導する普及員 

  • 除草・異株抜きを指導をする普及員 

  • イエジンの農業研究局。原々種種子の保存管理、調査研究が行われている。必要機材が日本から支援されている。試験農場では地元の農民が働いている。(写真提供:久野 真一) 

  • イエジンの農業研究局。原々種種子の保存管理、調査研究が行われている。圃場では試験栽培や種子生産が行われている。(写真提供:久野 真一) 

  • 種子調製後、倉庫で保管中の種子を検品する普及員 

  • イエジンの農業研究局。原々種種子の保存管理、調査研究が行われている。試験農場に日本から支援されたコメの調製機械が設置されている。(写真提供:久野 真一) 

  • 保証種子と一般種子の違いを説明する専門家 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。