リプロダクティブヘルスプロジェクトフェーズ2

Reproductive Health Project in Afghanistan Phase 2

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2010年5月〜2015年5月

プロジェクト紹介

アフガニスタンでは、数十年にわたる内戦から医師、看護師、助産師、その他医療従事者の国外流失や死亡、また医療機関の破壊により特に地方において医療従事者と医療施設が不足していました。日本は、2004年から実施した技術協力により、母子保健行政に関わる行政官の研修や医療現場の人材育成などを支援して、同国政府のリプロダクティブ・ヘルス(RH)行政の実施能力を高めることに貢献しました。しかし、地方の保健医療従事者の継続的な育成・現場レベルの実態の政策への反映は未だ不十分なため、この協力(フェーズ2)では、さらに中央・地方レベルの行政官の能力向上・組織強化を支援しました。これにより、同国におけるRHの質の向上に寄与しました。

協力地域地図

リプロダクティブヘルスプロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • リプロダクティブヘルスの指標採択ワークショップ:アフガニスタンでは、基本的な保健医療サービス提供が、政府(公衆衛生省)ではなく、ドナーの拠出資金によりNGOへコントラクト・アウト(業務委託)する形で実施されている状況があります。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。