女性の生活向上のための女性センター活性化支援プロジェクトフェーズ2

(Project on Activation of Women Development Centres(WDCs)to Improve Women's Livelihood Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ナイジェリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年2月〜2015年2月
事業
技術協力
課題
ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

ナイジェリアでは成人識字率や推定所得などジェンダー格差が顕著に見られます。同国政府は、ジェンダー主流化のための政策・制度を整備する一方、1980年代から主に村落部の女性の識字・職業訓練の場として、全国に女性開発センター(WDC)を700ヵ所以上設置しましたが、不適切な運営管理や資金不足により、多くのWDCが機能していませんでした。この協力(フェーズ2)では、カノ州で行ったWDCの活性化事業(フェーズ1)の成果を受けて、「WDC活性化モデル」を他州にも拡大し、普及・定着させるための支援を行いました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報